「教えて!雇用保険.com」 TOP画像
「教えて!雇用保険.com」 メイン画像
「教えて!雇用保険.com」 雇用とは 「教えて!雇用保険.com」 雇用保険 「教えて!雇用保険.com」  職業促進手当 「教えて!雇用保険.com」 介護休業手当 「教えて!雇用保険.com」 育児休業手当 「教えて!雇用保険.com」 LINK
「教えて!雇用保険.com」 雇用形態
「教えて!雇用保険.com」 正社員
「教えて!雇用保険.com」 契約社員
「教えて!雇用保険.com」 アルバイト
「教えて!雇用保険.com」  携帯サイトのお知らせ

「教えて!雇用保険.com」 正社員

正社員とは、正規雇用で企業に雇われた、労働者の事。正規職員とも言い、雇用後は会社に従事する者として社員研修を受けるのが通例です。いわゆる会社員とは普通正社員の事を指し、総合職・一般職などの区分がある場合はそれを全てひっくるめて総括した呼称でそう呼びます。アルバイトや派遣社員、契約社員と言ったいわゆる非正規雇用で雇われた非正社員と区別するために用いられる言葉でもあり、正社員には社員研修を実施しても非正規雇用の人たちには実施ないといった、待遇の違いも見られます。企業や業界によってはプロパーとも呼ばれていますがこれは日本固有の概念であるため、英語を始めとする諸言語でもそのままSeishainと表記することが多いようです。ただし諸外国においても、期限の定めのない雇用とある雇用、フルタイムの雇用とパートタイムの雇用といった区分がないわけではありません。介護職などの専門職の場合はパートと言えども業務に支障がないように社員研修を行うことで介護サービスの充実を図っているところもあります。社員研修 で一人前の社員にみなさん成長するのです。

正社員の特徴
雇用期間:特定の期間を定めず、定年まで雇われる事が多い。
賃金:加齢とともに賃金があがる形態(所謂、年功序列)が多い。
昇進・昇格:加齢に伴って、ある一定の年齢になれば一定の役職に就ける場合が多い。また総合職、一般職などの区分がある場合は総合職が最も昇進・昇格のスピードが速い。社員研修で教育など、バックアップが充実している。
(非正社員に比べた場合)労働組合への加入率が高い。
会社からの恩恵を非正社員より幾分受けているため、会社の不祥事や企業犯罪には閉口することが多い。

正社員の変容
いわゆる、バブル経済と呼ばれた1990年頃までは上記で述べた特徴を満たす事が多かったが、バブル崩壊に伴い、様相が急激に変わっています。不況により人件費の削減が叫ばれるようになった事や、終身雇用・年功序列への批判、成果主義の賞賛、リストラという概念の広がりなどから、正社員を特徴付けていた雇用期間や賃金形態の仕組みは多様化していった。 その結果、リストラによる正社員の解雇、加齢に伴う賃金上昇や昇進・昇格を抑えて仕事の成果を賃金や昇進・昇格に反映させる、といった現象が見られるようになったと言われています。労働組合についても加入率の低下が言われており、また正社員の採用自体も抑制される傾向にあるのも現在の日本の特徴でもあります。

尚、行き過ぎた既存の形態の変更については異論も存在しており、終身雇用は長期雇用によって企業の技能・士気を高水準で維持できるという経済合理性の評価や(詳しくは終身雇用を参照)、成果主義の見直し(例えば、1993年に初めて成果主義による賃金体系を導入した富士通は、2002年4月に制度を見直している)といった動きも出ています。

しかし、昨今ではサービス残業や給料は上がらないが仕事量が倍増する名ばかりの管理職など問題点も多く、正社員とはいえ収入が安定しないケースも出てきています。健康面でも前述のサービス残業、名ばかり管理職、リストラによる仕事量の増加により体を壊して休職や辞職する正社員が増えているのも大きな問題とされています。

check

facebook
https://ja-jp.facebook.com/

2015/1/29 更新

(免責事項)
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「教えて雇用保険.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「教えて雇用保険.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。